「ジョジョ・ラビット」

f:id:lgmlgm:20200216202204j:plain

観た人が総じて「良かった!」と言うのであわてて観に行きました。いやー良かった!面白かった!大好き!
ヒトラーの姿をしたイマジナリーフレンドを持つ臆病で心優しいドイツ人少年が、屋根裏に隠れるユダヤ人少女と出会って変化していく……という物語。コメディ映画、というジャンルになっていて、確かに笑える場面も多いのだけど、でもコメディだと思って観るにはしんどい場面もあります。宣伝ビジュアルや予告編からヒトラーをいじって笑い飛ばす系のコメディかなとも思いましたが、その手の笑いではありませんでした。少年の成長を丁寧に優しく描いたヒューマンドラマ、といった印象の物語。予告編だけ観るとユーモア部分が前面に出てるので悪ふざけ感のある作品なのかなと思いましたが、至って真面目で誠実な作品だと感じました。

まず少年ジョジョが本当にかわいい。少年らしく世論にのっかってヒトラーを崇拝してるところが単純でかわいい。途中で出てくるゲシュタポも「素晴らしい、少年の部屋はこうでなくては」と言ってましたが。だけどエルサと出会って少しずつ言葉を交わすうちにその信念がゆらいでくるのもまたかわいくて。嫌がらせでエルサの婚約者からの別れ話の手紙をでっち上げた後、エルサを泣かせてしまったことを悔やんで、でも素直に謝らずに別のウソをねつ造しちゃうところ、もう本当に可愛すぎて泣いてしまいましたね。可愛いといえばお友達の太っちょ少年、ヨーキーもとっても愛嬌あって可愛かった!

そしてスカーレット・ヨハンソン演じるお母さんも素敵。戦時中でもカラフルなお衣裳がかっこいい。ユダヤ人の少女を匿うほどの信念と反戦の心情がありながらも、息子のヒトラー信仰を矯正するでもなく無関心でもなく暖かく見守っているその距離感も素敵。あなたと息子なら息子を選ぶ、とエルサに正直に告げるところにも嘘がなくていい。ワインを飲み好きな音楽を聴いて踊る、心の自由なお母さん。だからこそ終盤のあの「靴」の場面では、突然角材で後ろからぶん殴られたみたいな気持ちになりますが……。見せしめのように広場で絞殺処刑されている人々をしっかり見るようにジョジョに言い、「彼らは何をしたの(What did they do?)」と聞くジョジョに「できることをしたのよ(What they could do)」と答えるの、すごく映画らしいセリフで印象的でしたね。この端的なひとことで彼女の志が観ている人に伝わります。

そしてキャプテンKのサム・ロックウェル!いやーもう本当に泣かされた。最初は臆病なジョジョをバカにしてるのかと思ったけど、中盤のガサ入れシーンで少女の身分証明書をみたときの対応でぐっとくるし、ラストでジョジョを守るためにとったあの行動ね……本当にもう……うっ(思いだし泣き)。軍人である彼がどうして、というのは部下のフィンケルとの仲をなんとなく推測させるあの距離感のワンシーンの説明しかないけど、まあナチスが同性愛を厳しく禁じていたことを知っていればそれで十分伝わるやつですよね……。その「必要以上に説明しすぎない」さじ加減もとても良かったと思います。全体的にジョジョの目に映るものしか描いてないし、お母さんが外で何をしていたのか、という説明はなかったけれど、それでも十分に物語が過不足無く伝わってくる脚本でした。

カラフルな美術衣装も素敵だし、ナチスや戦争の残酷面もしっかり描いて重厚なテーマ性もしっかりありつつ、優しさとユーモアに満ちた内容で、「映画でしか描けないこと」を「映画にしかできない方法」で描いた素敵な作品だなあと思いました。「映画らしい映画」を観たなあ、という満足感でいっぱいになる作品でした。あと「マイティ・ソー バトルロイヤル」もそうだったんですが、タイカ・ワイティティ監督も音楽の使い方が上手い監督だなあと思いました。懐かしいポップチューンをこれ以上ないといういいタイミングで使うんですよねぇ。いやーこれは何度でも観たくなるタイプの作品でしたね。大好き!(何度でも言う)