cinema

マシュー・ボーン IN CINEMA「ロミオとジュリエット」

出典:『マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット』公式サイト 2019年のマシュー・ボーン(振付家)の新作(映画監督のマシュー・ヴォーンとは別人です)。プロコフィエフの名曲にのせてアレンジした新演出版、映像とはいえマシュー・ボーンの新作…

NTLive2020「リーマン・トリロジー」

出典:映画.com いやーー面白かった! 評判に違わぬ内容で「上質の!演劇を!見た!」という満足感でいっぱいになれる作品でした。2回の休憩含めて3時間40分というかなりの長尺ですが、飽きることなく集中して観ることができました。 リーマン・ブラザー…

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」ディレイビューイング(前編&後編)

出典:「新作歌舞伎 風の谷のナウシカ」公式サイト 結論としては面白かったです!昼夜通しの長い公演なので12月の上演時にはスケジュール的に観るのを断念していたのですが、ディレイビューイングだけはなんとかがんばって時間作りました。長尺の芝居だけあ…

「ハスラーズ」

予告編観て面白そう!と思ったんですが「思ったんと違う」のが出てきた、という感じですね。いや、別につまらなくはないし全然悪くはないんですけれど。サイトやポスターのビジュアル見る感じだと「個性豊かな女性7人のチームもの」だと思っちゃうし、予告…

「1917 命をかけた伝令」

出典:Twitter @1917_moviejp 死ぬかと思った!!!と思わずフォントサイズ大きくしてしまうくらいビビりました。物語としてはすごくシンプルで、伝令を任された主人公とその友人が敵陣を抜けて味方の別部隊に作戦の中止を伝えに行く……というだけの内容なん…

「ジョジョ・ラビット」

観た人が総じて「良かった!」と言うのであわてて観に行きました。いやー良かった!面白かった!大好き!ヒトラーの姿をしたイマジナリーフレンドを持つ臆病で心優しいドイツ人少年が、屋根裏に隠れるユダヤ人少女と出会って変化していく……という物語。コメ…

「CATS」(映画版)

かつてないレベルの悪評が渦巻く映画「CATS」ですが、まあ結論から言えば「あそこまで云うほど酷くない、まあまあ観られる、けど、あそこまで言われるのもわからんではない」という感じでした。ミュージカル好き的には吹替え版も観てもいいかなくらいの気持…

「パラサイト 半地下の家族」

いやー、凄い映画でした。面白かった! 各種映画賞を総ナメにするのも納得の内容です。胸がザワザワするようなこの宣伝美術は前からみかけていて、「なんか嫌だなあ、北九州監禁殺人事件とか尼崎連続変死事件みたいなやつなのかな」と思って尻込みしていたの…

「エクストリーム・ジョブ」

まったくのノーマークでしたが、Twitterであちこちから評判が聞こえてきたので見てきました。「崖っぷちの刑事チームが張り込み操作のために偽装したフライドチキン店が予想外に繁盛してしまってさあ大変」という設定だけでもう既に十分面白すぎるだろう、と…

「ダウントン・アビー」(映画)

シーズン6まで放送された英国の人気ドラマシリーズの劇場版。TVシリーズのドラマを完走したファンにとってはまさに「ご褒美のような映画だな!」と思いました。「国王夫妻がお屋敷にやってくる」という晴れがましい大イベントで劇場版らしいスケールもあり…

「アナと雪の女王2」

この映画は宝塚花組・明日海りおさんラストデイのライブビューイングを見る直前に同じ映画館でハシゴして見たのでほぼ記憶がすっとんでしまい、あんまり感想らしい感想はかけませんが(なにせ上映のインターバルは10分しかなかったので頭を整理する余裕もな…

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」

長女が小説版を発売日に購入してすぐに読み終え、「観たいー」と言っていた映画だったのですが、正直「ゆるキャラの子供向け映画とかちょっと退屈そう……夏休みや冬休みのイベントとしてならいいけど、この時期に子連れで映画館とかたいへん……」と思っていて…

「ジョーカー」

映画公開前からとにかく話題作だったこの作品。銃撃事件やテロを誘発するのでは、影響されて犯罪に走る人が増えるのでは、などと言われ、賛否もとにかくまっぷたつ。とにかくネタバレを避けてみておこうと早めに見てきました。 感想は、うーん、なんといった…

「ロケットマン」

エルトン・ジョンの半生をタロン・エガートンの主演で描いた音楽評伝ミュージカル映画。ノーマークな作品だったのですが、周辺でやたら評判がいいので見てきました。いやーよかった! いい作品でした。どうしてもクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」と比較…

「プロメア」

見終えた瞬間の感想が「ラーメン二郎だ」でした。いやーもうマシマシ&盛り盛りの暑苦しさで「200%トリガー!」って感じの映画でした。アニメファンではないけど「天元突破グレンラガン」も「キルラキル」も全話見てたので、ある程度の暑苦しさは見る前から…

「名探偵ピカチュウ」

www.youtube.com ほんとだもん!ほんとにポケモンいたもん!うそじゃないもん!会っちゃった!ピカチュウに会っちゃった!夢だけど、夢じゃなかった! ……っていう気持ちになる映画でしたね、名探偵ピカチュウ。いやほんと、みんな言ってる通り脚本的にはやや…

「アベンジャーズ/エンドゲーム」

うぉおおおおん ガモーラーーーーーー! つらい。つらいようー。ううー。 (あっネタバレしますからね)(未見の方は回れ右です)「インフィニティ・ウォー」の指パッチンでキャラの半分が消えたときも気分はめっちゃお通夜でしたが、それでも逆に「いやいや…

NTLive「リア王」

出典:NTLive 日本公式Twitter あのサー・イアン・マッケランの「リア王」をNTLiveで映画館上映、というからとるものもとりあえずというかんじで無理やり映画館に駆け込んできました。(川崎で終映23:50て!終電一歩手前だよ!)

ロンドン版「The King and I 王様と私」限定上映@TOHOシネマズ日比谷

出典:cinemacafe.net「王様と私」NY公演 (c) Paul Kolnik ケリー・オハラ&渡辺謙主演、トニー賞4冠、オリビエ賞も現在6部門ノミネート中というあのリバイバル版ミュージカル、夏の来日公演に先駆けてロンドン上演舞台の映像を上映! というわけで、とる…

ボヘミアン・ラプソディ

出典:映画「ボヘミアン・ラプソディ」オフィシャルサイト いやー!良かった! そこまでクイーンに思い入れがないので伝記映画見てもさほど……と思っていたのですが、映画を普段見ない層の方からも絶賛のツイートが流れてくるようになったので、これはよっぽ…

シュガー・ラッシュ:オンライン

前作「シュガーラッシュ(Wreck it Ralgh)」が大好きな作品だったので、今回の続編も楽しみにしておりました! 邦題はシュガー・ラッシュ:オンライン、原題は「Ralph Breaks the Internet」。ラルフ&ヴァネロペのコンビが、インターネットの世界に飛び出…

アントマン&ワスプ

観てから感想かきそびれたまま時間がたってしまったので簡単に覚書だけ。 MCU好き長女8歳と観に行きましたが楽しかったです。長女にはちょっとむずかしい部分もあったようで、マイティソー・ラグナロクを観たときほど反応は良くなかったですが、それでも「…

カメラを止めるな!

結論から言うととても面白かったです。私は面白い作品でもあんまり映画館や劇場で声にだして笑うタイプじゃないんですが、思わず声を出して笑ってしまう場面がかなりありましたね。楽しかったし、かなりよくできていました!さていろんな意味で話題のこの映…

インクレディブル・ファミリー

前作の「Mr.インクレディブル」からもう14年! 前作ももちろん見て好きな作品だったんですが、日本ではあまり話題にならなかったような記憶が。まさかこんなに時間がたって今頃続編が出てくるとは思いませんでした。しかも作中では前作からまったく時間が経…

デットプール2

いぇーいデップーちゃん第二弾! というわけで初日の朝からさっそくキメてきました。インフィニティ・ウォーがあんなことになってMCUが壮絶にヘヴィな展開になっている今、このライトなノリのヒーロー物は大変気楽に観られていいですね……。俺ちゃんどうやっ…

レディ・プレイヤー1(4DX吹替)

タイトルだけみて「レディ・プレイヤー」というシリーズものの1作目……?などと思っていましたが「READY PLAYER ONE」の字面を見てようやく「ああ!そういうこと!」と思いました(遅い)。ゲーム画面の冒頭ででてくる「プレイヤー1さん、スタンバイ!」の…

パシフィック・リム アップライジング

めちゃくちゃ好きだった「パシフィック・リム」の続編です。前作のときは4DXがまだ関東になくて、名古屋まで遠征してわざわざ観るほどこの映画が好きでした。監督がデルトロではなくなってしまいましたが、それでも前売り券握りしめて楽しみにしていて、公開…

リメンバー・ミー

ピクサー新作! 「家族の物語」とか「泣ける映画」とか「感動のなんちゃら」とか言われるとまあその時点でテンション落ちちゃう系の人間なんですけど、まあそんな気持ちで見ていても、泣きますね。これは。というか一緒に観ていた8歳の長女が終盤30分くらい…

ブラックパンサー

MCU新作、シビル・ウォーにちらっとでてきたあの国王陛下の物語をまるまる一本で。「国王がマスクを被ってヒーローに」っていったらそれこそ身をやつして平民にまぎれて悪いヤツをやっつける、という暴れん坊将軍的な物語をうっかり想像してしまいそうですが…

「シェイプ・オブ・ウォーター」

ギレルモ・デル・トロ監督の新作。アカデミー賞は作品賞&監督賞含めて4冠! すごい! 「パシフィック・リム」以来、日本の一部のオタクの中には「俺たちのデルトロ」的な気持ちがあるわけですが、オタク代表みたいな監督がこういう「自分のフィールドの作…